マインドコントロール研究のための 心理的操作原論 レベル1セミナー(一般価格)
sale
マインドコントロール研究のための 心理的操作原論 レベル1セミナー(一般価格)

マインドコントロール研究のための 心理的操作原論 レベル1セミナー(一般価格)

¥39,800 税込

※こちらはダウンロード商品です

gokou.pdf

33.6KB

「心理的操作原論」 操られないために レベル1セミナー 参加者には「心理的操作原論 レベル1」のテキストを配布いたします。 詳細は、http://v-d-s.net/?page_id=10869 から確認してください。 ホームページからも申し込みができます。http://v-d-s.net かつて『マインドコントロールセミナー』を実施していました。 そのセミナーでは、マインドコントロールの原理とその具体的な方法を紹介していました。 しかし、世間のさまざまな誤解のためその継続を断念せざるを得ませんでした。 一方、社会も見てもCMやセールス、ビジネスでの交渉、対人関係、占い、宗教、詐欺、政府のプロパガンダなどその技術はあらゆる場で使用されています。 ある意味、人間関係があるところにこれらの技術はあるのです。 もちろん、私は、何でもマインドコントロールのせいにする陰謀論者ではありませんが、人が社会で生きていく上においては必要な技術でもあり、日常的なものであるともいえます。 また、マインドコントロールという言葉が持つ怪しい響きは、いい意味でも悪い意味でもいろいろな想像や不安、期待をかき立てることは事実でしょう。 書店に行っても、ネットでも 「人の心を操る心理学」 に関するとても多くの書籍や情報があるのを見ると、マインドコントロールがどれほど人の関心を得ているか明らかです。 このような技術が日常的に使用されているのに、一方的に 「悪い」 「こんなことを教えるやつはとんでもないやつ」 として目を閉じ、耳をふさぐのではなく、あらためて技術として研究し、自己防衛や心理学の研究として直すことは大切なことではないでしょうか。 また、使い方によっては、悪徳な宗教や占いなどの見分け方、詐欺にかからないようにするための予防に使えますし、カウンセリングや心理療法など人をよりよくする生産的なツールとして役立つことも事実です。 さらには、人間とは何か、という本質に迫る何かがあるような気がしませんか? このような目的で、内容も一新してこのセミナーを実施することにしました。 ある意味、私たちは「包丁」を売るようなものです。 それで人を傷つけることもできますし、すばらしい料理を作ることもできます。 それをどうするかは使う人の意志に関わることであり、包丁が人を傷つける可能性があるからといって、包丁を売るな、とはいえないでしょう。 今回のセミナーは、純粋に心理学的な研究の見地から学ぶものです。 マインドコントロールのとてもまじめなセミナーを外部向けにすることにしました。 レベル1と2に分かれています。 ※このセミナーはV.d.s友好団体であるKdRが主催しています。

その他のアイテム